賭博罪

すべて表示  amazonのみ表示楽天市場のみ表示
放火罪の理論罪と罰 下 (岩波文庫)新版 松川裁判賭けマージャンはいくらから捕まるのか ―賭博罪から見えてくる法の考え方と問題点【黒川検事長賭けマージャン事件】なぜ僕は賭博罪の「建前」を曲げて幕引きしてはならないと主張するのか【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.201】【電子書籍】 橋下徹In Praise of Folly (Dover Thrift Editions) (English Edition)私は負けない 「郵便不正事件」はこうして作られた【黒川検事長賭けマージャン事件】なぜ僕は賭博罪の「建前」を曲げて幕引きしてはならないと主張するのか【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.201】囚われ人に愛を誓えば (ライムブックス)モリーズ ゲーム(吹替版)
 

商品の説明

  • <p>**橋下徹公式メールマガジン「学者やコンサルでは伝えられない橋下徹の「問題解決の授業」」を号毎に電子書籍化。</p> <p><今号の内容><br /> ■黒川さんが検察幹部だからこそ賭博罪の建前を厳格に適用すべきだ<br /> ■大切なのは政治の不介入ではなく、検察との「適切な距離感」<br /> ■口だけの立憲主義者・戦争反対論者よ、なぜ「自粛」の被害者のために戦わないのか?</p> <p><橋下徹メッセージ><br /> 『独裁者』『民主主義の破壊者』と散々な言われ方をされてきた僕ですが、私人に戻った今だからこそ、皆さんにお話したいことがたくさんあります。府知事、市長在任中に、メディアで報じられたことは全体の中のほんの一部。しかも、いちいち訂正するのが間に合わないほどに好き勝手に報じられました。僕が何を考え、大阪府、大阪市の改革、そして大阪都構想を目指したのか。小さな弁護士事務所の代表から38歳で政治家に転身した僕が、いかにして数万人規模の役所組織をマネジメントしたのか。資金も組織もない中でいかにして政党を作り上げ、マネジメントしたのか。それまでの役所の常識・行動様式とぶつかり合い、いかにして前例のない大胆...
  • 上に戻る